研究業績

村田ゼミ関係の研究業績です。

2019年度

原著論文

査読付き国際会議/国内会議

研究会など

  • 村田和義, 谷古麗奈, 吉田すみれ: スマートフォンを使いすぎずにいようとする意欲の向上を目指した応援システムちあぽんの評価, ヒューマンインタフェース学会研究報告集, Vol.21, No.3, pp.137-142, (2019).

2018年度

原著論文

  • 村田和義, 渋谷雄: 身体動作を用いたオブジェクト選択における許容可能な滞留時間の検討; ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol.20, No.4, pp.479-490, (2018).

査読付き国際会議/国内会議

研究会など

  • 村田和義, 谷古麗奈, 吉田すみれ: ちあぽん:スマートフォンを積極的に使わない意欲の向上を目指した応援アプリケーション; 情報処理学会インタラクション2019, pp.409–411, (2019).

2017年度

原著論文

  • 村田和義, 最上聖也, 渋谷雄: 日記作成支援を目的とするスマートフォンによる行動記録・提示システム; モバイル学会誌, Vol.7, No.1/2, pp.15-21, (2017).

査読付き国際会議/国内会議

  • Kazuyoshi Murata, Kouhei Shigematsu and Yu Shibuya: Notification System to Encourage a User to Refrain from Using Smartphone Before Going to Bed; In: Kurosu M. (eds) Human-Computer Interaction. Interaction Contexts. HCI 2017. Lecture Notes in Computer Science, vol 10272. Springer, Cham, pp. 240-249, (2017).

研究会など

  • 村田和義: ハンドジェスチャを用いたオブジェクト選択における許容可能な滞留時間の検討; ヒューマンインタフェースシンポジウム2017論文集, pp.489-495, (2017).

2016年度

原著論文

査読付き国際会議/国内会議

  • Kazuyoshi Murata and Yu Shibuya: Graphical Notification to Maintain Good Posture during Visual Display Terminal Work; IFAC-PapersOnLine Volume 49, Issue 19, (Proceedings of 13th IFAC/IFIP/IFORS/IEA Symposium on Analysis, Design, and Evaluation of Human-Machine Systems, Aug. 30 - Sept. 2, 2016. Kyoto, Japan), pp. 289-294, (2016).
  • Kazuyoshi Murata and Yu Shibuya: Acceptable Dwell Time Range for Densely Arranged Object Selection Using Video Mirror Interfaces; Human-Computer Interaction. Interaction Platforms and Techniques Volume 9732 of the series Lecture Notes in Computer Science, pp 71-81, (2016).

研究会など

2015年度

原著論文

査読付き国際会議/国内会議

研究会など